ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
塗替え豆知識

どうして塗装する必要があるの?
住宅の場合、現在主流であるサイディングボードやモルタル壁は、塗膜劣化による白粉化・ヒビ割れ・シーリングの隙間・反りなどが発生します。そのまま放置されますと、外部から水が入り柱や断熱材等に浸透することにより内部の腐食・カビなどの発生を引き起こすため塗装工事を行います。また、色あせ・雨垂れ・汚れなどの美観対策も大きな要素です。
 また、屋根についてもカラーベスト・スレート・トタン・洋瓦ですと塗装が必要となります。基材が劣化しひび割れ等により雨漏りの要因となるからです。

塗替え時期のサイン
下のような状態が見受けられたら、そろそろ塗替えを考えられた方が良いと思われます。

チョーキング
壁にさわってみて、手に白い粉がついた場合は塗料の防水効果がなくなってきています。
ひび割れ
紫外線や台風・地震等によりひび割れを起こします。
シーリングの目路割れ
経年劣化や躯体の揺れ等により起こり、内部に水分は浸透していきます。

サイディングの反り
水分を吸収しだすと発生しやすくなります。
カラーベストの塗膜劣化
塗膜劣化により防水効果は切れており、耐久性を著しく低下させてしまいます。
折板屋根のサビ
ボルト部分のサビが発生してきており、穴が開く前に塗装したい所です。

塗替え時期はいつごろなの?
建物の外壁は、モルタル・ALC・サイディングなど様々あり、また新築当初の施工状態も色々とあるため一概には言えませんが、おおよそ10年前後と思われます。
当社の実績で申し上げますと、新築後初めての塗替えの場合は12年が一番多くなります。ただ、それぞれのお宅で状態が違うため一度じっくりと御自宅をみられて上記のような症状があるようでしたら塗り替えられた方がベターです。
しかしながら、あまり放置されますと、いざお手入れする時は下地調整に手間が掛かったり塗装回数が増えたりしますし、極端に状態が悪ければ塗装では対処できなくなりサイディングを張り替えたり屋根を葺きなおすようなことにもなりかねません。ですから、早めにお手入れされた方が大掛かりな出費にならず、建物も長持ちしてトータル的には得策だと考えます。

費用はどれくらいかかるの?
塗装工事は住宅の大きさや形、塗料の種類や工法、対象物の状態や作業環境によって千差万別です。また、見積依頼する会社によっても違います。
一般的なポピュラーな2階建て・30~40坪の住宅で、50万円~200万円ぐらいで推移しています。
なぜ、金額差があるのかと言うと、業者には、『一人でやってるペンキ屋さん』 『塗装工事専門会社』 『リフォーム会社』 『工務店』 『ハウスメーカー』 等たくさんあります。それぞれに施工方法・塗装仕様・必要経費・追及利益・人件費・保険有無などが違いますので、工事金額は変わってきます。
 それでは、どこに頼むのが良いかということですが、それぞれに一長一短あり どこが一番良いかはお客様の価値観の違いによる所が大きいということです。例えば、塗装工事と共に大幅な改修を行いキッチンやお風呂も取り替えたい場合などは総合的な管理ができる業者がいいでしょうし、塗装単独工事なら専門業者、また部分的なメンテナンス塗装なら安価な方が良いわけです。したがって、技術力・信用・知識・管理能力・ステータス・安心感・気配り等を総合的にみて、何をもって良しとするか判断されたらよいと思います。もちろん弊社に依頼いただくのが一番うれしいのですが・・・(*^_^*)

塗料の種類でどう違うの?
塗料で何が違うか簡単に説明しますと、耐候性・柔軟性・艶・耐汚染性・耐薬品性・付着力などが違うため、耐久年数とお値段が変わります。当然 金額の張る塗料を使いますと工事金額も上がります。しかしながら、あまり安価な塗料を使いますと、その時点での工事金額は抑えられますが耐久年数が短くなるため、塗替え周期が早まり数年に一度塗替え工事を行う羽目となるためお勧めできません。
 種類 特徴  耐久年数
アクリル樹脂系塗料  ごく一般的な塗料
艶引けは少々早い 
4~7年
ウレタン樹脂系塗料  耐久性・艶が良い
個人的に私のお勧め 
7~10年 
シリコン樹脂系塗料  耐久性・艶が良い
塗料メーカーのお勧め 
10~15年
フッ素樹脂系塗料 超耐久性塗料
価格も一級品
12~18年

塗料の性能を生かす施工について
いくら高価な塗料を使ったとしても、施工が悪ければ何の意味もありません。下地状態・対象物に対して使用塗料や施工方法を間違うと、数か月で剥離してしまったり色あせたりすることもあります。早期に見つかればまだ良いのですが、大半は工事完了後1~2年経たないと症状は現れません。したがって、工事の良し悪しは 『業者の企業姿勢・塗料の知識・経験による』 と言っても過言ではありません。

ページトップへ 

フッターイメージ